初心者におすすめ!PREP法でタイトルに結論を書いちゃうと簡単!

PREP法でタイトルに結論を書いちゃう!

ブログを始めたけど、やることが多くて記事が書けない!

何を書けばいのか?

どうやって書いたらいいのか?

分からないことがいっぱいだと思います。

 

そんな初心者の疑問にお答えします。

 

キーワードを選定する

 

キーワードをタイトルに入れる

 

タイトルを約30文字で書く

 

【結論】を記事のタイトルにする

最初に【結論】を記事のタイトルにします。

そして【理由】【具体例】【まとめ】をH2の大見出しにします。

 

 

タイトルと見出しを決めちゃうと、記事の内容がズレません。

 

下記の5点に注意しよう!

  • 読みやすいように改行を多くする
  • 曖昧な表現をやめ、言い切ってしまう
  • 言い切れないことは書かない
  • 画像、箇条書き、吹き出しなどを使う
  • 文字装飾は、種類は少なめにする

 

ブログを始めて10カ月ちょっと。

 

タイトルと内容がズレるんです。

 

だから、タイトルから書くことにしたんです。

 

結論 ≫ 理由 ≫ 具体例 ≫ 結論

初心者など、記事を書くことに慣れていません。

そんな初心者は、PREP法に基づいて記事を書きましょう!

最初は書きくいと思いますが、初心者ならすぐに慣れます。

 

① 結論

結論を30文字程度でタイトルにします。

タイトルには、キーワードを含む必要があります。

 

② 理由

理由をH2の大見出しにします。

タイトルだけでなく、見出しにもキーワードを含む必要があります。

 

③ 具体例

具体的に書くほど、分かりやすくなり説得力が増します。

一般的に情報も必要ですが、個人的な意見も書きましょう!

 

④ 結論

記事を書くことに慣れていないで大変だと思います。

だけど、初心者ほど、PREP法に慣れるのは早いんです。

 

実は、新エディターのグーテンベルクに苦戦しています。

旧エディターに慣れちゃってるから大変なんです。

ブログを始めたばかりの人は、すぐに慣れちゃうんですけどね。

 

PREP法で選定したキーワードの記事を書く

書きたい記事は、読者が読みたい記事ではありせん。

つまり、読者が読みたい記事を書く必要があるんです。

そのためには、キーワードの選定が大事なんです。

 

 

初心者でも簡単にPREP法で書けるんです。

 

癖がない初心者のほうが慣れるのが早いんです。

 

初心者のうちに、PREP法に慣れておきましょう